くつべら

木口から斧を入れる
その衝撃で木は、
割れたいように割れていく

鋸で挽いたのとは違い
サクラ自身、割れたいように割れた
そのカタチ。

木目に沿う割面は、
そんなサクラ自身の主張。
このカタチをもとに
次はつくり手がカタチを仕上げる。


硬い、紅い、ヤマザクラ。


その紅さは、歳月と共に深く増し、
靴を履く度、新緑の中に灯る
薄紅の花を思い出せる。

Shoehorn

Put the ax from the butt end.
Wood breaks like that you want to cracking on impact.
It is different with a saw and ground.

Cracked crack shape as you would like wood itself.
Cut surface along the wood grain is its own claim.
I will following form based on this form.

Hard, red, cherry.

Its deep red across the ages.
Remember the thin red flower blooming in the fresh green of time wearing shoes.











スタンド付きの状態。
先端の曲線。